本輪西ファミリークリニック

外来診療

当院はかかりつけ医機能を有している診療所であり年齢に関係なく、あらゆる健康問題に対応いたします。

当クリニックでは「家庭医療」を実践しています。赤ちゃんからお年寄りまで年齢に関係なく、また、診療科によらず幅広く診察いたします。内科、小児科だけでなく、腰痛等の整形外科疾患、皮膚病、切り傷、やけど、耳鼻科、泌尿器科、不眠症や心の悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。必要に応じて他の医療機関と連携しながら紹介も行っております。

内科

症例

  • 急な咳・鼻水・下痢・嘔吐・頭痛・腹痛などの症状がある方
  • 高血圧・脂質異常症・糖尿病など生活習慣病がある方
  • 心臓・肺・肝臓・腎臓・神経など慢性的な病気がある方
  • 気分が悪い・元気がない・眠れない
  • 健康診断で異常を指摘された・・・
  • 転んだりぶつけたり、ケガをしてしまった
  • 包丁やカッターで手指を切ってしまった
  • 関節が腫れている
  • 動物に噛まれてしまった
  • 虫に刺されてしまった
  • 皮膚の下にグリグリとしこりを触れる・・・

まずはご相談ください。当院では採血・尿検査・レントゲン・心電図・超音波検査などが実施できます。必要時はご相談のうえ専門医療機関へご紹介いたします。外科については日常のケガにまつわる応急処置や、その後のフォローを中心に外科処置を行います。傷の大きさ・深さ・傷がある部位などを考慮して、こちらも必要に応じて専門医療機関へご紹介いたします。

生活習慣指導

生活習慣を一緒に見直しませんか?

生活習慣病とは、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病などの事で、食生活や運動不足、喫煙などの生活習慣が強く(または大きく)影響します。薬を飲んでおしまいではなく、生活習慣をどのように改善していくか、医師や看護師と相談しながら、よりよい生活を送るための支援をしていきます。

禁煙外来

禁煙できないのは意志の弱さだけではありません。

ニコチン依存症による禁断症状を上手にコントロールできれば禁煙も成功します。当クリニックでは、保険適用にて禁煙治療を行っております。是非この機会に禁煙にチャレンジしてはいかかでしょうか。スタッフ一同で応援します。禁煙外来は完全予約制となっています。土曜日の診療時間中も対応しておりますので、まずはお電話にてご相談ください。

以下の条件を満たせば
健康保険で禁煙が出来ます

  1. ニコチン依存症の判定テストが5点以上(外来で実施)

    ニコチン依存症の判定テストをやってみる

  2. 35歳以上の方は、1日喫煙本数×喫煙年数 > 200本
  3. 過去に禁煙外来を受診した場合は、禁煙外来の初回診察日から1年以上経過していること

日程と費用

初回から12週間(3ヶ月間)、計5回の受診になります。
費用は薬代なども含めた合計で、3割負担の方は約19,000円、1割負担の方で約6,400円になります。
※初回は問診におおよそ30分程度お時間がかかります。
※禁煙外来を始めた方は、12週間 計5回受診して頂きます。尚、1度中断すると、その後1年経過をしないと健康保険等での禁煙治療が受けられず、自由診療となります。

0週

初回診療

2週後

2回目診療

4週後

3回目診療

8週後

4回目診療

12週後

最終診療

高齢者診療

病気とともに住み慣れた地域で暮らす。

年を重ねると、複数の病気を抱え、体力の低下、転倒・物忘れ(認知症)、日常生活が困難になるなど、様々な問題がでてきます。介護保険の申請や福祉サービスの利用など地域で末永く暮らしていくための健康サポートの強化が必要になります。診療を通じて生活を支えていくお手伝いをしています。

小児科

お子さんの病気、健康、予防について。

発熱や腹痛などの急な病気はもちろん、喘息やアトピーなど慢性的な病気の診療もしています。また、保育所の園医として事故予防や育児支援にも取り組んでいます。

予防接種受付

病気にならないのが一番!

以下の料金で随時受け付けております。(予約制)特に保育園や幼稚園など集団保育に入る前の予防接種をお勧めしています。

水痘(水ぼうそう)7,700円
おたふくかぜ5,500円
肺炎球菌8,030円
ロタウイルス(2回接種)13,200円×2回

※四種混合ワクチン、不活化ポリオワクチンは定められた期間内であれば無料で接種できます。


同時に接種できる数について

当院では年齢にもよりますが、乳児の場合は打つ面積が小さい場合で、原則左腕1種類、右腕1種類で実施しております。ただスケジュールの都合で3種類以上の同時接種も行っておりますので、詳しくは医師へ相談して下さい。


生ワクチンと不活化ワクチンの違いは?

生ワクチンは。病原体を極度に弱めたウイルスや細菌等をワクチンとしたものです。接種後に得られる免疫は強固で、自然発生による強毒な病原体の感染を防ぐことができます。不活化ワクチンは、大量に培養されたウイルスや細菌等のウイルス粒子や細菌の菌体等を集めて精製した後、加熱やホルマリン等の薬剤を用いて処理し、病原体の活力を失わせて不活化したものです。


時期を逃して打ち忘れてしまった場合の対処

まずは当院の看護師にお電話ください。種類や回数に応じて相談しましょう。


風邪の完治後どれくらいで予防接種を受けられるか?

1~2週間経てば良いですが、発熱している場合としてない場合によって接種できるかどうがの判断が必要になるので医師・看護師に相談して下さい。

当院でできる検査

お気軽にご相談ください。

  • 各種採血、検尿、検便、培養
  • インフルエンザ迅速検査
  • 溶連菌検査
  • 視力検査、聴力検査(検診用)
  • レントゲン検査
  • 心電図
  • 24時間、ホルター心電図
  • 腹部エコー検査
  • 簡易ポリソムノグラフィー(睡眠時無呼吸症候群の簡易検査)
Copyright © 2020 MOTOWANISHI FAMILY CLINIC. All Rights Reserved.
PAGE TOP